MENU

 全然彼女とかできる気配もないし、風俗って高額だから出かけることもありません。
オナホールとか使ってオナニーやっていましたが、それも飽きてしまいました。
何かドキドキさせてくれる関係はないものかと、探しまくっていた時に見つけたのです。
電話エッチというやつは、一度も経験がありません。
やった事がないので、どれだけ面白いものなのか?想像もつきませんでした。
しかし、たまたま発見したテレクラサービスを使ってみたところ、電話エッチの激しすぎるよさを感じまくっていくことになりました。
有料になるサービスだけれど、いきなり女の子と繋がって通話することが可能になっていました。
しかもこの時、通話することになった相手の女の子は、とてつもなくエロい性格の女の子でした。
通話を始めたときにはすでにオナニーをやっちゃっていたらしくて、エロい指示を出して欲しいとお願いされたのです。
電話エッチが初体験でしたから、戸惑ってしまったものの、それでもエロいキーワードを使いまくっていくと女の子がいっぱい感じてくれました。
これなのか、電話エッチの素晴らしさはって感じで、今までに感じたことがないようなエロチックな興奮を覚えてしまいました。
僕が指示を出すとその通りにオナニーをしてくれる、これがまたとても愉快なのです。
しかもリアルタイムのアヘ声を聞いているものだから、余計に興奮度が高まってしまいます。
自分が女の子を電話エッチで感じさせているという満足感もあって、自分自身も異様な状況になってしまっていたんじゃないかって思うんです。
夢中になってエロい指示を出して、女の子に喘ぎ声を出させ続けました。
支配している気分もたっぷり味わえたし、彼女のアクメを待って自分もザーメン出してしまいました。

それなりの料金が必要ではあるけれど、これはもっと楽しまなければいけないと考えるようになりました。
ツーショットダイヤルを使った結果、すっかり電話エッチに開眼してしまったって感じです。
もっともっと女の子のエロい声聞きながらオナニーしたい、そんな妄想か激しく膨れ上がってしまっていました。

 

 近場の会社で働いている大学時代の友人とばったり出くわし、帰りに酒を飲むことになりました。
こいつだったら僕の言うことよく理解してくれるからと、初めて女の子と通話しながらオナニーした話をしてみました。
「いまだにツーショットダイヤルなんてあるんだ、すぐにエロいことできるんなら使ってもいいよな」
彼自身もかなり興味を持ってしまったようでした。
こいつもなかなか彼女ができない男ですから、確実に欲求不満なはずです。
ちょっと良い情報を教えてやれたと、何となく鼻が高い気分になっていました。
すると彼が「これとは違って相手探しは難しいんだが、知り合ったら後は無料で通話しながらオナニーできる」と言い出しました。
無料という部分には、全神経が集中したって感じがします。
タダで電話エッチを楽しむ方法があるなんて、これは知らなければダメだと本能が叫んでいました。
彼の方法というのは、出会い系を使って相手を探しているものでした。
初期的には多少の出費は必要になるけれど、知り合うことができた相手と無料通話アプリを交換してしまえば、あとは無料で電話エッチがやり放題になるという方法を使っているらしいのです。
なるほどかなり画期的な方法ではないかと思いました。
しかも通話しながらエッチするだけではないらしいのです。
通話可能な相手の中には、オナニーをしている姿を見せるのが好きなスケベ女もいるとのこと。
オナニーしているところ見られたら、興奮は何百倍にもなっていきます。
こいつはすごいなって感じがしました。

さらに関係が深まれば、電話エッチを大幅に超えるセックスフレンドにまでなれるというのです。
関係が深くなって肉体関係を持った女の子も何人もいるよと言われました。

 

 

名前:源太
性別:男性
年齢:31歳
 31歳、恋人のいない独身サラリーマンです。
性欲を解消するために、様々なことを試しています。
最近になってネット検索で、テレクラを発見しました。
使ってみたところ、いきなり電話エッチを始めることになって大興奮の射精になりました。
この話を友人にしたところ、無料でも可能だということを教えられたのです。
相手探しには出会い系を使うこと、知り合えばリアルな大人の関係にもなれるぞと言われてしまいました。