MENU

 テレクラマックスから始まった僕の新しいオナニー生活ですが、局面を迎えようとしていました。
この局面も悪いものではありません。
TELH掲示板で知り合えた女子大生のカホちゃんと、順調にお互いの関係を構築することができていました。
週に何回か彼女とオナ電を楽しんだり、オナニーの見せ合いをするようになっていました。
かなり頻繁にそして、継続して関係を持ったおかげで親密な関係を作ることができていたのです。
そしてとうとうカホちゃんと、セフレになる時がやってきたのでした。

 

 待ち合わせ場所でカホちゃんと合流、やはり目の前で見ると可愛らしさは一段と輝いて見えました。
すでに彼女の裸はビデオ通話で確認済みではありますが、肉眼で見て、そして手で触り感触を確かめられるのだから興奮しまくっていました。
彼女も恥ずかしがりながら、それでいて嫌がらずホテルにはいってくれました。
まずは自分のビンビンのチンコを見せてあげました。
僕のチンコを手コキ始めてくれて、その手のやわらかさにドキドキ感が高まります。
彼女のやわらかいそして綺麗な肌には大興奮です。
オマンコの匂いも少なめ、それでもマン臭がエロくて夢中になってクンニしてしまいました。
とってもエロい声が直接耳に届くのですから、今までとは違う興奮でした。
すごく熱いキスをしたり、体を触りまくりの舐めまくり、彼女の気持ちよさをアップさせてやっていきました。
声を聞いていたら我慢ができなくなっちゃって、女子大生の肉壺にニュルリとチンコを滑り込ませていきました。
若い女の子のオマンコも締め付けのよさに、悲鳴を上げそうなぐらい気持ち良くなっていきました。
「あっあっあっあっ、あ〜ん、あんあん、いいっいいっオチンチンいいっ」
挿入されて一段と激しく燃え上がるようにヨガリ声を出し続けてくれました。
安全日確認して、彼女のオマンコの中に中出ししてしまいました。
テレセからリアルセックスになり、さらに2人の関係は深まったような気がしています。
さらに通話楽しめる相手を探すために、PCMAX、ハッピーメール、Jメールを使って募集も続けていくことにしました。